パートナー型ベースレッスン詳しくはこちら

教室合同slackを作りました。

目次

slack制作の経緯

月額で音楽が聴けるapple music、習うことができるfender playといった音楽のサブスクリプション系が普及しつつあるます。すでにyoutubeでレッスン動画を出していたりブログでも調べ方によっては(一部アフィリエイト目的のものがあるので一概に言えないところがありますね)質のいい情報を無料で入手できます。

個人教室としてなにかできないか?

楽器習う→上達した→その先を作れるなにかがあってもいいかなと思いましてslackを作成しました。
個人教室同志で情報を交換しあったりバンドや練習会も作っていけたらもっと楽しいんじゃないでしょうか?

slackとは?

STEP
本来はビジネスツール

チームのメンバーが連携しながらシームレスに仕事を進めることができるメールに変わるツールです。Slackに入った講師・生徒さんはメンバーが便利情報やバンド募集といった情報交換ができます。

STEP
情報交換が目的

twitterやfacebook、instaglamのような近況など自分の日常を書くのではなくグループトークでの情報交換が目的です。個人情報を出す必要もないのでそういった理由でSNSを避けている方でも安心して利用ができますしもちろん偽名でも利用ができます

かごめのアイコン画像かごめ

グループトークって聞くとlineがでてくるけどなんかちゃうの?

こちらの記事が非常にわかりやすいです。ちょっとビジネスマン向けで難しい表現もありますがお時間があればぜひ

STEP
実際どんなことができるの?
slack

画像のように必要であろう情報を「チャンネル」で分けてみることができます。
チャンネルは必要に応じている編集・追加していきます。情報を見ながらコメントができたり個別にメッセージを送ることができます。

料金は不要、無料で利用ができます。

バンドをしてみたい・練習仲間がほしい・オフ会企画などいろいろコンテンツいれていきたいと思います!

参加教室

今のところは少ないですがこれから増やしていきたいですね。

参加する方法

STEP
slackアプリをダウンロード
かごめのアイコン画像かごめ

参加したらユーザー登録よろしくやで

STEP
講師に参加したい旨を連絡
かごめのアイコン画像かごめ

slack入りたいねん

講師からグループチャットのURLが届くので入ってください

STEP
ワークスペースに参加

URLに入るとワークスペースへの参加フォームがでますので登録したアドレスを入れ参加してください。
メールアドレスを確認してもらったら氏名とパスワードを入れて完了です。

ここで入力した氏名はあとで「表示名」として変更を可能です!
やり方などは直接僕に連絡をもらえれば個別で対応します。

かごめのアイコン画像かごめ

これからコンテンツ増やしていくので楽しんでいきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる