教室生徒の方はこちら レッスンサイト

リモートレコーディングをしてみた

wood

提携教室の牧川ドラム教室の牧川さんのオリジナル曲をリモートレコーディングしました。

メンバー

Pf.杉浦 潤 Ba.雪谷 まさよし Dr. 牧川 義之 作曲.牧川 義之

リモートレコーディングって?

スタジオで行うものと違いメンバー各々自宅で録音したものをかさねるレコーディングです。

オンラインで同時ではないのでスタジオより音質は下がるものの安定した演奏を記録できます。

目次

レコーディングの流れ

STEP
サイズの確認

ライブレコーディングではないためあらかじめ曲のサイズは決まっています。
今回で言うとテーマ⇨ベースソロ⇨ピアノソロ⇨テーマという流れですね。

STEP
仮録音

まず雰囲気をしりたいのでデモ音源に合わせてさらっと雰囲気を掴みます。
僕はドラムの音源に合わせてデモ演奏の録音をしました。

このテイクがのちに本番に採用されます

STEP
本録音

軽い指示をもらって改めて録音します。
レコーディングでは何回も撮る内にだんだん原型から離れて「実は最初の演奏が一番いい」なんてことも少なくありません。

STEP
バランス調整・動画と重ねる

それぞれの単体録音をミックスします。
簡単なイコライジングはできますが可能な限りそのまま使えるように音作りはそこそここだわったつもりです。。。

今回は牧川さんの動画編集センスが光りましたね。ちなみにスマホで作ったみたいです。

STEP
公開

メンバーのOKが出れば公開です。

雪谷の録音環境

今回はオーダーでウッドベースの指定があったため2種類のピックアップをBOSS GT1000coreに繋いで音を作りました。
それをYAMAHA AG06というインターフェースに繋ぎipadのgaragebandに収録しています。

最近の機材って本当に安くても優れたものがありますね。
余談ですがこういった録音教材はゆっくりペースですが作っているところです。

まとめ

さらっとですが録音について紹介してみました。
今や簡単にレコーディングもできてしまうのでぜひチャレンジしてみてください!

wood

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる