今日で教室の看板猫かごめの保護から一年が経ちます。

猫を飼うのも初めてで大変なこともありましたが猫のいる生活っていいですね。

ということでまとめ記事を書くことにしました。

※ビフォーアフター

 

 

ある日自転車のカゴに入っていました。

自転車のカゴに茶色い物体があり「ゴミでもいれられたか」と思ったら猫でした。

熟睡していたところを脅かしてしまったみたいで申し訳なくコンビニでウェットフードをあげてお詫びしました。

翌日も教室のあるマンションにいたのですが目があうなり草むらからウェットフードの蓋を加えてでてきました。(もちろん距離はとっていましたが)

「うまかった」とでも言いたかったんですかね。

 

ボランティアさんの協力のもと保護(捕獲)

  

 

ライブ終わり近所の方も猫の様子が気になっているようでマンション前で立ち話

実家で犬か猫飼いたいって話が上がっていたので保護などをボランティアでされている方を紹介してもらい保護しました。

絵面がどうみても捕獲にしか見えませんが・・・

1時間近く道端で正座することがこの人生にあるとは思いませんでしたが無事保護できました。

保護直後の写真がこちら。

首輪やケージもボランティアさんが貸してくださいました。

ノミ対策とかも一緒にしてくれて慣れている方が近くにいると安心できますね。

名前の由来

最初はずっとメス猫と思っていたので「カゴに入ってたメス猫、略してかごめ」にしたのですがオスと判明。

「かごお」にしてもよかったんですがなんかすっきりしなかったのでかごめのままになりました。

 

あまりにも猫を飼えたことが嬉しくまず猫のtwitterアカウントを作りました。

なにを思ったのかtwitterまで作ってしまいました。

アカウントはこちら

 

とにかく写真と動画を撮っては載せてを自己満でやっています。

一年やってフォロワーが30人もいないのはどうなんでしょうね。

  


意外とすんなり家猫に

  

茶トラだからだそうなんですがとても人懐こくすぐ家猫になっていました。

なかなかの甘えたに育っています。

  

 

キッチンへのいたずらが止みません。

  

キッチンには入れないように仕切りとかも用意したのですが執念深くキッチンへ侵入してはいたずらをして出れないと泣きわめきます。

今だにします。

最近はもらえないことがわかったのかやりませんが食事の邪魔もよくしていました。

  

 

九月から当教室の看板猫に

親のアレルギーが予想以上に厳しかったため1日レッスンの日は教室に連れて行くことになりました。

  

教室でもいたずらばかりするのですが人見知りせず生徒さんにも撫でられにいくし玄関までの出迎え・見送りまでしてくれます。

 

  

機材に興味をもったりはしますが壊されたことはありませんね。

  

 

生徒さんに人気すぎて

  

 

ライブの差し入れや退会される生徒さんからもらうものは9割ほど猫グッズになりました。

 

戌年になったので

一回やってみたかった被り物を買ってみました。

  

猫ってこんな不機嫌な顔するんですね。

あとキャットタワー を買ってみたのですが登り方が猫らしくないです。

  

 

噛み癖は治せませんでした

噛むのをやめさせることはできませんでした。一応甘噛みですが歯が大人になってきたのでちょっと痛いです。

  

 

看板猫のはずなのにレッスンの邪魔もたまにします

  

 

発情期はやっぱり大変でした。

3〜5月はさかりがきつく粗相や脱走が何度かありました。

アンプケースにマーキングされたのはきつかったですが去勢するとぱたんと止みました。

 

 

保護から一年ということで

  

 

いうて800円ほどですがなんか強そうなねこじゃらしをあげてみました。

じゃれ方があまり理解できてないのか恐る恐るですが遊んでくれています。

 

最後に

  

 

だいぶ長くなりましたが無事すくすくと育ってくれてなによりです。

「独身のうちにペットを飼うと〜」とか聞きますが最近理解してきてしまっています。まぁそれは別にいいとしてもう一匹家族に迎えてもいいのではとか考えたりしてしまいますね。

これからも元気にそだってくれるよう面倒をみていこうと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

こちらも合わせてどうぞ