twitterでは有名なドラマーのリコさん(ブログリンクはこちらから)を囲むドラマーオフ会に(ベーシストなのに)参加してきました。

初日はひたすらに食べて飲んで喋る。

二日目はスタジオで遊ぶというミュージシャンらしいスケジュールといいますか、総勢20人を超えるドラマーさんと交流があることも珍しいのでとても貴重な経験でした。

5/22 (飲み会)

梅田のワインバルに集まっての飲み会でした。

普段はワインバルより居酒屋にいくことが多いのでちょっと新鮮でした(

twitter繋がりの方が多く主催者さんがわざわざアカウントの記載がある名札を用意してくれていました。

こういうマメさは見習いたいですね。

僕以外の方はほぼほぼ面識があったようですが、皆さんフレンドリーですぐ馴染めました。

ジャンルや界隈が違っても共通の知り合いがいたりと、本当に世間って狭いんだなと思わされます。

飲み会の合間、リコさんあてにスネアヘッドに寄せ書きを書きました。こういうのドラムらしくていいですね。

ベースで同じことするとしたらベース弦の箱(だいたい張り替える前の弦と一緒に捨てる)に書くくらいしかできなさそうなんで羨ましかったりもします・・・

お店にスネア・スタンドを持ち込んでリコさん自身にロールを披露してもらいました。

リコさんからもお土産いただきました。

二次会は僕がよく行っている真湯さん(サイトリンクはこちら)にお邪魔してぎりぎりまで飲んでました。

なかなか盛り上がりましたね。

5/23(スタジオ)

ほんとはランチに行ってからのスタジオでしたが僕は事務作業のため遅刻してのスタジオ参加でした。

まずは交代で好きなリズムを叩いていきました。

ベースが生徒さんと僕だけだったので一人出ずっぱりでしたが・・・セッションホストしててもこれだけ多種多様なリズムをだしたことはないと思います。

ソロやメロを弾くこともあったので6弦ベースを持っていったのは正解でしたね。

他の楽器はドラマーさんが入れかわり立ち代わりで弾いてくれました。

 

リコさんは人と合わせることがあまりなかったそうでビートルズをみんなで演奏して嬉し楽しそうでした。

うまい下手ではなく人となにかする楽しみって特別ですよね。

とくに初心者さんこそぜひスタジオで爆音鳴らしてみてほしいです。

ライブ見に行くとはまったく違う感動があるのではないでしょうか?

そんなイベント企画してみたいですね。

関係者の皆様、二日間ありがとうございました!

 

次は・・・ベースオフ会検討してみます

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

こちらも合わせてどうぞ