尼崎ブラントンにてシンガーソングライター藤田悠也のワンマンライブでのサポートでした。

共演としては約1年半ぶりでしたが思いの外曲を覚えていたのは驚きです(

普段はエレキ・ウッドの持ち替えが多い僕ですが今回は4弦と6弦の持ち替えにアンプ持参という珍しいセットでしたね。

さすがに荷物が多すぎたので久しぶりに車移動でした。よってノンアルコール

というかカホンサポートやピアノサポートはよく聞くけどベースサポートのみってだけで十分珍しいなと・・・

でもこれはこれでとても楽しくギター みたいに歪ませてソロやったり、コーラスかけてシンセみたいなボリューム奏法したり、バキバキにスラップしたり

これでもかっでくらいいろんなことができて楽しかったです。

足元がこちら。bossのマルチがとても優秀で重宝しています。

 

知ってる方はご存知だとは思いますが最新のミニアルバム「ガラクタの行方」ではボーナストラックにて、このライブと同じ編成でレコーディングに参加しています。

ベースにソロ、歌、裏声、口癖まで気付いたらいろいろ収録されてました(

人前で演奏することがあるとは思いもしなかったですがファンの方では薄々予想していた方もいたそうな・・・

 

僕を見るのが初めての方から、何度か見て覚えてくれていた方、皆さん満足いただけたようで良かったです!

お越し頂きありがとうございました。

 

セットリスト

マスカレード 

弱虫モンスター

おしゃぶり

虚言癖

秘密

はつかぜ

祈り

合言葉

非売品

生ゴミ

マトリョーシカ

19歳

手のひら

負け犬と遠吠え

ゆりかご

〜アンコール〜

蛇口の気持ち

雪谷オリジナル

君に捧ぐ 

 

※最近時間を見つけては曲を作ろうとしていまして、曲はまだしも詩がまったく書けないので藤田君に手伝ってもらいました。原型からは離れていますが僕の意図を汲んでくれていいものを作ってくれました。

セットリストに入れてもらえたのはびっくりでしたが嬉しい話ですね。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

こちらも合わせてどうぞ