これからベースを始めるにあたって、本体はもちろんだけど他になにがいるの?

ここでは講師がおすすめするベースセットをご紹介します。

一般的な初心者セットを薦めない理由。

まず、楽器屋さんやネットショップなどにある初心者セットはお勧めしていません。

理由としては全部合わせて安価に設定している→内容も安価なもので構成をされています。

当然質は下がりますし壊れやすいので長持ちしません。

セットにするということにお金をかけるなら「あればいいもの」にお金をかけれればいいですね。

 

講師のおすすめする「初心者セット」とは?

本当にないといけないものだけをあげれば

  1. ベース本体
  2. チューナー(クリップタイプの方が便利です。)
  3. 譜面台

 

この3つさえあれば家で十分練習することができます。

 

譜面台は一番安いのでいいですね。折りたためるものだと便利です。

机の上に本や教材を置いて練習もできますが見えにくいし姿勢も変わってしまいます。

チューナーは少しいいものを選んでおくと長く使えますし安心して練習できます。

あと安すぎるクリップチューナーは、ベースの音を拾いにくいのでうまくチューニングができないということもあります。

僕のおすすめはこちら

TC ELECTRONIC / UniTune Clip
少し高いように思われるかもしれませんが精度と耐久性を思うと持ってて損はしないと思います。

 

あと実際スタジオに入る際や、人前で演奏するときに必要になってくるもの

  1. ストラップ
  2. シールド

 

は追って買えばいいのでゆっくり検討してみてください。

ストラップも安くていいものはありまして

ERNIEBALLなんかは僕も使っていて未だ現役です。有名なミュージシャンにも使用者は多いですね。

ERNIEBALL ( アーニーボール ) / 4037 POLYPRO STRAPS

シールドに関しては無料レンタルできる場合も多いので余裕があるときにある程度いいものを用意できればいいですね。

個人的に最もお勧めなのがGEORGE L’Sというメーカーのものですね。輸入の関係でお店に置いてないし作る必要があるのですが。僕に連絡をくれれば作れます。

購入するとなるとCANAREがいいと思います。音のことはさておき、安価で頑丈なので。

3000~6000円あたりが妥当な印象です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

最後になりますが「予算を下回った」という方はこれからのために少しでも貯蓄として置いておくことをおすすめします。

ベースがうまくなるとスタジオやセッションにいくようになり、弦やピックといった消耗品にもお金がかかります。必ずといっていいほど「お金が足りない!!!」となってしまうんですよ(

だから初めはなるべく「いいもの」を最低限抑えておくといいと思うんです。

この記事がこれからベースを始めたい方にいいスタートを切らせてくれれば嬉しいです。

 

講師がよく利用しているサイト

サウンドハウスは毎月利用しています。

レビューもあったり値段も安くとても便利ですね。

2000円以上の購入で送料無料なのでまとめ買いにもおすすめです。

サウンドハウス

雪谷ベース教室では無料体験レッスンを実施しています。
雪谷ベース教室

雪谷ベース教室では、入会をご検討の方に実際のレッスンの雰囲気・内容等を知っていただく為に30分の体験レッスンを無料で実施しています。

無料のレンタルベースと体験レッスン用テキストがあるので手ぶらでもお越しください。参考にしている譜面などお持ちでしたら持っていただければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

こちらも合わせてどうぞ