僕のライブはほとんどがジャズ、生徒さんで過去にそういったライブに行ったことがある方っていうのはかなり少数で

ジャズのライブとか行ってみたいけどいろいろよくわかんないなぁ

といった方や

そんなにお酒飲めないのにバーなんていけねぇよ!

なんて方もいるはず。

ということで「ライブに行ってみたい!」という方向け、ライブ情報の探し方や注意点をまとめてみました。

ライブ情報の見方

そもそも名前の横にgtとかなんかいろいろ書いてるけどこれなに?

これはその人の担当している楽器を示しています。
僕の場合はベースなので bsやbassといった表記がされますが稀にe.b(エレキベース)w.d(ウッドベース)といった記載をされるお店もあります。

他の楽器はこんな感じ!
gt:ギター vo:ボーカル
sax:サックス
※a.(アルト)t.(テナー)と楽器を細かく示していることもあります。
tp:トランペット tb:トロンボーン
pf:ピアノ key:キーボード
ds:ドラム

どうやって情報を調べるの?

関西で活動している方はプロとアマチュアが混同しておりミュージシャンのほとんどは口コミやFB、ブログでの集客をしています。「ここを見れば!」というのは残念ながらありません・・・
お店のHPでいける日のメンバーを調べライブ動画をyoutubeなどで見るみる、というのはいいと思います。
ぜひお近くのジャズバーを調べて見てください!

ちなみに僕のライブ・セッションの情報は下のボタンで見ることができますのでぜひ!

お店のシステムはそれぞれ違うのでちゃんと確認しましょう!

ライブのシステムはお店により微妙に違います。
理由としてはお店の規模はもちろんですが

  1. ライブを売りにしている。
  2. お酒を売りにしている

とお店の経営の仕方が異なるからですね、「チャージ」といってもいくらか種類があるので確認しておきましょう!

チャージいろいろ
ミュージックチャージ(MCと記載されてることが多いです)
ライブをするミュージシャンに支払われるお金です。演奏が聴くときのみ発生します。
テーブルチャージ
MCと違いテーブルに座る地点で発生するお金です。引き換えに付け出しが出てくることもあります。
演奏の有無に関わらずお店があらかじめ設定しているものです。
チップ
MCの金額を決めていないライブではチップ(いわゆるおひねり)を自由に来て頂いた方が入れるというものです。
相場は500円〜2000円ほどでしょうか?過去に小銭入れから1~10円をじゃらじゃら〜と入れる方がいましたがちょっとそれは違うように思います・・・

バーだからお酒を、ではないのでご安心を!

お酒飲めないのにバーにいくのもなぁ、という方はたくさんいらっしゃいます。
けど飲めなくても演奏は楽しめるのでぜひお越しください^^
お店によってはノンアルコールでもこだわりのカクテルがあったり割高に感じるかもしれませんが「独特の空気感を楽しめる」とポジティブに見て欲しいです。
新しい発見もあるかもしれません!

これだけは注意してほしいこと

マナーは守りましょう!

映画館や電車などと同じように周りへの配慮はある程度必要です。

こういう気遣い大事じゃないでしょうか?
大声で喋らない
携帯はマナーモードに
電話に出るならお店の外で

場合によってはお店の方に注意される場合があります。

せっかくのライブなので自分も周りも楽しめる空間づくりにご協力お願いします!

写真・動画撮影について

今の時代、携帯で写真とってSNSでアップしたい!という方は大勢いらっしゃいます。
演奏風景の撮影もしたいですが念の為本人に撮影の許可をとってあげてください。
中には「事務所の関係などで写真撮影を許可できない。」という方「ライブを聴くのに集中してほしい」という意図がある方もいます。
ぜひご確認を。

特にこれは考えて!

撮るのはいいけどフラッシュはやめて〜

フラッシュは本当にやめてください、演奏に集中できません。他の方にも迷惑なので・・・
あとカメラはシャッター音のないものをお願いします。
その音も気になって演奏に集中できないというお客さんも少なくありません。

演奏動画が・・・知らない間にyoutubeに・・・ある・・・だと・・・?

「この人の活動を世間に伝えよう」とyoutubeやfacebookにも動画をあげる方もいます。気持ちはとても嬉しいのですが許可はとってほしいと思います。

ただこれは人によって意見が異なる
動画をあげることで来ていない方も楽しめる。(?)
収めるよりもその場で楽しんで欲しい。
個人で楽しむ分のみOK!(でもSNSはやめてね)
etc・・・
考え方は様々です。だからこそ確認してほしいというのが願いとしてあります。

まとめ

いかがでしたか?
ぜひ!ライブにお越しください!

今時youtubeとかでいろんな人のライブ動画とか見れるしなぁ

というのはわかりますが(汗)
演奏の内容だけではなく空気感やその場の雰囲気はその場でしか味わえないし実際出ている空気(音)を聴くのは楽器上達には必要なことだと思います。
ぜひお時間があるときにお越しいただければと思います。

こちらも合わせてどうぞ