the Stag Party Showのバック演奏に参加しました。

vo 落合ゆかり

pf 小林理紗

こういった劇のバックは初めてで先輩ふたりにおんぶにだっこでしたが無事楽しく終わることができました。

ミュージシャン陣集合写真

帽子かぶって演奏することが今までなかったのですがとても蒸れますね。

 

TheStagPartyShowとは

STAG PARTY…..,
それは男だけのパーティーという意味です。
結婚前夜の独身最後の夜、羽目をはずして騒いでる男だけのショーグループの活躍に、乞うご期待!!という文句で立ち上がった団体。
2001年に大阪で旗揚げ公演を行い、その後精力的に活動を継続。
2008年には東京に新たな拠点を併設し、それぞれの地で計35作品を発表してきた。
(公式サイト引用 サイトはこちら

 

今回は20回目の公演とのことで大盛り上がりでした。

会場は梅田のdo with cafeさん

2日間朝早くからありがとうございました。

 

ステージはコンパクトでしたが客席全体を巻き込んだ劇でとても見応えがあります。

お客さんへの絡みなんかもあり劇の流れに目が離せません。

(僕は演奏に必死で譜面から目が離せませんでした・・・もう少し余裕もてればよかった〜)

 

 

ちなみにベースアンプに風船ついていますが演奏中めちゃくちゃ頭にあたるので邪魔で仕方なかったです(

たまに目が合う。

この風船はとある撮影のために用意されたのですが重りとしてアンプを使った次第です。

ステージにアンプがぽつんと置いてあったのがシュールで思わず写真とりました。

 

アンプだけでなく足元も総動員で臨みました。

セリフがある中でのボリューム調整がなかなか難しかったです。

曲中で盛り上がるところでコンプ噛ませたりスラップのリフで歪ませたり、

なによりエクスプレッションペダルを使ったボリューム奏法+コーラス・リバーブ・ディレイは楽しいですね。ベースは入らない方がいい場面でも効果音入れたりできます。

「ベースがボードなんて組んでどこで使うんだよ」と作りながら思ったりしてたのですがこんな形で使えて大満足です。我ながらとても扱いやすいものができたんじゃないかと思ってるのでまたレビューしますね。

 

初日は約半日ほぼ休憩なしぶっ通しでしたが二日目は空き時間に写真とる練習できるくらい余裕がありました。

演劇のリハーサルも観れることないので勉強になりますね。

 

打ち上げは同じ会場でショーを見ながら盛り上がりました。

にしても役者さんのオンオフの切り替えはすごいですね!

練習中はとても真剣に取り組み休憩に入ると気さくに話しかけてくれます。

 

メンバー全員での集合写真。

今回初めてのことが多々あり焦りましたが結果的にほんとに充実した2日間でした!お越しいただいた皆様、出演・関係者の皆様ありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう