「おすすめの教本ありませんか?」

よくある質問top10にはいるこの質問

正直答えれるものがありませんでした。

というのも市販されている教本ってよくもわるくも「広く浅く」

ほしいことが載っているのはほんの数ページ、でも値段は数千円っていうのもおすすめできないしな〜と思うことがあり自分で作って見た次第です。

僕の経験則上あったらいいなっていうのと「これはみんなやりたいだろうな」ってスラップのフレーズだったり基礎練習の方法をまとめています。

特徴としては

  1. 手元の写真は正面から見たもの(鏡みないとわからない・・・)ではなく弾き手目線の写真を採用
  2. しっかりしたピッキングフォームでないとできないピッキング練習
  3. スケール練習は2オクターブで(1オクターブだとうまく使えない場面って多いと思うんです)
  4. メロディラインやちょっとできたらかっこいいスラップフレーズ集

などなど「手元を見ずに思った音を出す」ことを目標にしたテキストブックになっています。

希望があればこのテキストを使い音楽理論の解説とかもやっていきます!

生徒限定、もちろん無料配布させていただきますのでぜひ取り組んでみてください!

 

余談ですが表紙のイラストは仲良くしているシンガーソングライター藤田悠也さんに書いてもらいました。

自身の物販のデザインもやっていてとても馴染みやすいですね。僕はろくな絵が描けないので羨ましい限りです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう