ウッドベース

 

ウッドベースについては残念ながら情報がほぼほぼありません。

たしかルーマニアのほうにあるグリガと親交のある工房で作られたもの、と聞いてはいたのですが、、、

ただこの見た目とバランスのいい音色に惚れて選びました。

ネックが少し太めで指板がアルコを想定しており少し反らせています。

 

ピックアップはリアリストを当初使っていましたが今はK&Kのものを使っています。

リアリストはハウリングを起こしやすくて僕の楽器には合いませんでした。

駒に挟むスタイルのピックアップがもっともバランスがいいと感じています。

 

一度改札にぶつけてテールピース(エレキベースでいうブリッジ)を交換しています。

その時のキズはもちろん(涙)あとベルトの跡とかあちこちキズだらけ・・

なにより僕のピッキングってけっこう動きが激しめなものでして、テンションが上がった曲のあと爪先に木片がついてることも・・・

これ、新古でキズなんてほぼなかったのに